• 【JAPAN:OPINION1】Are Japanese women really oppressed? Equal opportunities vs equal outcome

    BLINKS!
    この記事の全翻訳をご希望される方や当サイトを応援してくださるかた「♡」をクリックしてくださいね。反響の多かったものは、全翻訳を検討いたします。
    いいね (105 votes, average: 1.00 out of 1)
    Loading...

    By Eimi1003| Contributor 2018/07/02 13:52  UPDATE 07/06 1:55 The ONTiB(海外ニュース翻訳情報局)

    All over the world, from both foreign nationals and Japanese liberals, I keep hearing that Japan is a terrible country for women.They claim that Japanese women are oppressed and miserable, that Japan is backwards compared to other countries, and even those who do not say so often claim that Japan has massive gender inequalities. When asked to cite what is unequal, they often cite numbers, such as the World Economic Forum’s rankings that put Japan at 114th place out of 144 countries for gender equality. I would like to question the idea that Japan is somehow backwards globally in all or most areas.

    The World Economic Forum has assigned a score for each country, using many different kinds of criteria. Very broadly, their criteria is broken down into 4 categories—education, health/survival, political participation, and economic participation. Yet a glance at their report reveals that these focus on both subjective opinion as well numbers and percentages, rather than whether the opportunity or right is granted to women or not. It seems as if they see equality as equality of numbers as opposed to equality of opportunity.

    Many people claim that Japan is backwards because of the low numbers and percentage of women in the Diet (parliament) and politics. But Japan allows women to vote and become politicians. The Japanese government decided to grant women the vote in 1945, and the first time women were able to vote or become politicians was in 1946. There are those who claim that those rights were granted too late. But was Japan really ‘late’ compared to most countries? Were all Western countries truly early? While some Western countries were early in giving women the right to vote—New Zealand (1893), Australia (1903), Sweden (1919), the Netherlands (1919), the United States (1920), the United Kingdom (1928)—other countries, such as France (1944), Italy (1945), Belgium (1948), Greece (1952), Monaco (1962), and Switzerland (1971 for federal elections) were quite late. Within Asia, Japan was one of the first countries to allow women to vote alongside Thailand (1932) and Indonesia (1945). Most other Asian countries allowed women to vote around the same time or even later than that. Furthermore, there were some restrictions in some countries. New Zealand allowed women to vote in 1893 but did not allow women to stand for Parliament until 1919. Australia allowed women to vote in 1903 but excluded Aboriginal men and women from voting until 1962. South Africa allowed white women to vote in 1930, but all black people could not vote until 1994. From 1925 to 1945 Italian women could only vote in local elections. Germany allowed women to vote in 1918, yet during Nazi rule, women’s rights were repressed and women’s voting rights were restricted.

    Many people claim that Japan is backwards because of alleged sexism in the workplace. But Japan has remediated past sexism both legally and in practice. For example, a major Japanese Supreme Court case in the 1960s ruled that it was unconstitutional to have separate retirement ages for men and women. The Equal Opportunity Employment Act of 1984 (amended in 1999) further banned unequal treatment of men and women in the workplace. Like in the West, men and women with the same educational levels, skill levels, and working hours do get roughly the same salary. If there is any salary difference, is it due to women’s choices, rather than ‘patriarchy’ or ‘sexism’. Women around the world are more likely to get non-STEM degrees, which lead to slightly lower paying jobs. Women around the world are less likely to want to work extremely long hours, and when they do, they tend to do less overtime than men. Women around the world are more likely to value time off from work, either for their families or for themselves. These global trends and tendencies include Japan.

    Many people in Japan claim that Japan is backwards because of a supposed rape epidemic. Yet Japan’s rates of violent sexual crime is among the lowest in the world. One is more likely to be raped in South Africa, Nigeria, Pakistan, India, etc than in Japan. Even cases of groping on trains are overblown. The vast majority of Japanese women who do use trains daily or frequently are not getting groped. In rural areas where train services are sparse and the trains are not crowded, train groping is extremely rare. Even in larger cities, they are not common, let alone an everyday occurrence. When a man is accused of groping a woman on the train, there is little attention paid to the man’s point of view. Of course, real cases of groping must be condemned and dealt with, but Japan does not deal harshly enough with false accusations. Measures to tighten security by installing more cameras, or to impose harsher penalties on women who falsely accuse men, have been met with resistance by liberal women.

    Many people in Japan claim that Japan is backwards because of the low number and percentage in politics. Yet Japan allows political participation, and the lower numbers reflect women’s choices rather than sexism. Many people claim that Japan is backwards because of the lower numbers of women who study in so-called STEM fields. But Japan allows women to study in these fields, and there is no law that bans them from doing so. Furthermore, there is no pressure to not go into a STEM field, at least compared to the past. Ask any Japanese woman today with a non-STEM degree why she did not choose a STEM field. She will most likely say because of lack of aptitude or interest, rather than pressure due to gender or sexism.

    As long as equal opportunities are granted, there should be no need to have equal ratios or numerical goals. Individuals have different interests; sometimes there are gender differences in these interests. To have an equal ratio or a numerical goal is to deprive men and women of their freedom to choose what kind of life they want to live. As Milton Friedman said, “A society that puts equality before freedom will get neither. A society that puts freedom before equality will get a high degree of both.”

    So is Japan a free country? Are Japanese women’s rights respected? I would say yes, judging from the many opportunities and rights we are granted. Are there problems and issues in Japanese society? Yes. But can these problems be solved by only or mainly focusing on women? No.

    【JAPAN:OPINION2】BBC:Why does she propagate her rape case in this way?

    【JAPAN:OPINION 3】Ms. Shi-to and Her Way to Piss Me Off


    【日本語】

    日本のリベラルから外国人まで、私は「日本は女性にとって酷い国である」と聞かされてきました。
    彼らは日本人女性が不幸で虐げられていて、諸外国と比べて遅れていると主張します。
    そこまで言わない人ですら日本はジェンダーに関しては大変不平等だと主張します。
    具体的に何が不平等であるかを聞くと、彼らは数字(例えば世界経済フォーラムの「日本は144カ国中114位である」)を根拠に不平等であると主張します。
    日本が世界と比べて遅れているという概念に対して反論したいと思います。

    世界経済フォーラムは、様々な基準で各国にスコアを与えています。
    大まかには、その基準は4つのカテゴリーに分けられます。
    教育、健康と生存、政治参加、そして経済参加なのですが、世界経済フォーラムが発行したレポートを見てみると、その機会や権利が女性に与えられてるかどうかよりも、主観的な判断と数字や比率を重点に置いています。
    まるで平等とは機会の平等よりも比率の平等とでも主張しているかのようです。

    日本が遅れていると主張している人々は、女性の政治家の比率が低いのが一因と指摘します。
    しかし日本は女性に対し、参政権を与えています。
    政府が参政権を与える事を決めたのは1945年で、1946年に初めて女性が選挙で投票したり、議員になったりする事が出来ました。
    それらの権利が各国と比べて遅れて与えられた、と主張する人もいますが、果たして本当に遅かったのでしょうか?欧米諸国全てが早かったのでしょうか?
    一部の欧米諸国は確かに参政権を女性に与えた時期が早かったといえます。
    例えば、ニュージーランド(1893年)、オーストラリア(1903年)、スウェーデン(1919年)、オランダ(1919年)、アメリカ(1920年)、イギリス(1928年)は比較的早い方でした。しかしその一方でフランス(1944年)、イタリア(1945年)、ベルギー(1948年)、ギリシャ(1952年)、モナコ(1962年)、スイス(国政レベルでの政治参加は1971年)は比較的遅かったのです。

    アジアの中では、日本はタイ(1932年)やインドネシア(1945年)と並んて女性の参政権を与えた時期が早かったといえます。
    他のアジア諸国はそれより若干遅れて参政権が与えられました。
    それだけでなく、制限があった国々もあります。
    ニュージーランドでは、1893年に選挙権を女性に与えたものの、政治家として立候補する事は1919年まで許されませんでした。
    オーストラリアでは女性に参政権に与えたのは1903年ですが、1962年まで先住民のアボリジニたちは男女問わず参政権がありませんでした。
    南アフリカでは1930年に白人の女性に参政権を与えましたが、1994年までは黒人に参政権はありませんでした。
    1925年から1945年までイタリアでは、女性の参政権は地方参政権のみでした。
    ドイツでは1918年に参政権が与えられたものの、ナチス政権では女性の権利や参政権に制限がありました。

    日本が遅れていると主張している人々は、職場における性差別が蔓延していると主張します。
    しかし、日本は法律的にも現場でも性差別をなくしてきました。
    例えば過去に最高裁は、男女の定年年齢が違うのは違憲であるという判決を出しました。
    男女雇用均等法(1985年)は更に職場における性差別の禁止をしました。
    欧米と同様に、同等の学歴、スキル、労働時間であれば、男女に賃金の差はありません。
    あるとしたら、それは女性の労働における選択によるもので、男尊女卑や性差別によるものではありません。

    世界的にみて、女性は理系ではない分野を専攻する傾向があり、文系分野は理系分野と比べて低めの賃金の職種が多いのです。
    更に、世界的に見て女性は男性と比べて長時間労働をしたがらない傾向があり、残業をする場合でも男性より少なめにする傾向があります。
    また、自分もしくは家族のためにより多くの時間を取りたいというのは、男性よりも女性に見られる傾向です。

    日本が遅れていると主張している人達は、レイプの件数が多いと主張しています。
    しかし、日本の性犯罪率はは世界的に見て低いのです。
    日本よりも、南アフリカ、ナイジェリア、パキスタン、インドなどにいた方が性犯罪に遭う可能性が高いのです。
    電車内での痴漢の件数も大げさに語られています。
    日常的にもしくは頻繁に電車を利用する女性のほとんどは痴漢されずに乗っています。
    電車の本数が少なく、電車内が混んでいない地方や田舎では痴漢は珍しいのです。
    都市部でも、毎日しょっちゅう見られる光景ではありません。
    電車内で男性が痴漢だと疑われた場合、男性の立場や主張はほとんど考慮されません。
    当然ながら本当に痴漢だった場合は、対策をしなければなりませんが、冤罪に対する対策がほとんどされていません。
    防犯カメラを増やす事や痴漢のでっち上げや勘違いをする女性に対する厳罰は、リベラルな女性から反発があり、まだ出来ていません。

    日本が遅れていると主張している人々は、女性の政治家の比率が低く、女性の政治家が少ないと指摘しています。
    しかし日本には政治参加の自由があり、低い数字は女性の選択によるもので、性差別によるものではありません。
    また、教育においても理系分野を専攻する女性が少ないから日本は遅れていると主張しますが、女性が理系分野を専攻する事を阻止する法律やルールはなく、理系分野を専攻する自由は与えられています。
    また、理系分野を専攻するにあたって、それを阻止するプレッシャーもありません。
    理系ではない専攻だった女性に、なぜ理系分野を専攻しなかったかと聞いてみてください。
    性差別やジェンダーによるプレッシャーではなく、単に才能や興味がなかったと言うでしょう。

    機会の平等が与えられているなら、比率の平等や数字の目標は必要ありません。
    個人の興味は多種多様で、性別によって興味があることに違いはあります。
    同等の比率や数字の目標を掲げるというのは、男女にとってどのように生きていくかを選択する自由を奪うという事なのです。
    経済学者のミルトン・フリードマンはこのように言いました。
    「自由よりも平等を重んじる社会では、結果として自由も平等も手に入らない。平等よりも自由を重んじる社会では、結果として双方を高い比率で手に入れる事が出来る」

    では、日本は自由がある社会なのでしょうか?
    女性の人権は守られているのでしょうか?
    私達に与えられている多くの機会や権利から判断すると、私はその人権が守られていると確信します。
    日本の社会には問題や課題はあるのでしょうか?
    もちろんあります。
    しかし、これらの問題を女性のみ、もしくは女性を重視した形で解決する事が出来るかといえば、私はノーと答えます。

    【JAPAN:OPINION2】BBC:Why does she propagate her rape case in this way?

    【JAPAN:OPINION 3】Ms. Shi-to and Her Way to Piss Me Off

ツールバーへスキップ